親の持ち物

もし親が高齢で、お亡くなりになったら、、、その遺品の整理は家族がするのですが。
モノが多いとなにから手を付けていいのか分からない。
私は親戚の遺品の整理をしたことがあるけど、どこまでが捨てていいものなのか分からず困った。
血筋の近い人に聞いても、私の判断でいい、というし。
でもなにからなにまで捨ててもな、、tってことで困ったのを覚えています。

それでも、あまりにも持ち物が多いので、とっておいても誰も使わず、そして価値もないとなったものは処分しました。
だいたい、高価なものは「近い人たち」がすでに持って行っているのだ。
ようするにガラクタの整理をしたというわけ。
でもその親せきを知らないわけじゃないし、すぐにスッキリしすぎてしまうのもおかしいでしょ。
最初は戸惑いました。

それが親になったら、、、どういう気もちでそれをしたらいいんだろう。
なにもかもが宝じゃないか。
生きてる間にもう巣kp氏片づけておくように親にいうつもりだ。
それも心が痛いけど、、やんわりと。
そして、自分だって後の人が困らないようにしなくちゃな、、って思いました。
真面目な話です。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、あかりが2020年11月 1日 15:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キャロットケーキ」です。

次のブログ記事は「日本も今は対象」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。