2013年2月アーカイブ

開業医と勤務医の比較

医師による転職希望者は年々高まる傾向にありますが、医師といえば、勤務医と開業医にそもそもわけられます。 そんな勤務医と開業医では、どちらが収入において高め傾向なのか? もちろん開業医といえども、色々なスタイルがありますから一概には言えませんが、開業医となり活躍する事ができると、その年収は、平均およそ2000万円~3000万円程度という事になります。 非常勤医師についてはコチラのサイトを見て下さいね。

もちろん、この数字以下という開業医ももちろんおりますが、これ以上という医師ももちろん存在し、開業医における年収は、病院規模やスタイルにより異なるものの、やはり高め傾向にあるという事は、言うまでもありません。

ただ、開業医になるためにはその資金、投資には1億以上かかると言われていますから、開業するためには、そもそも膨大な費用はかかる事は確かで、軌道に乗るまでは返済の日々トいう事は、考えられます。 そうした内容を考えると、年商がおよそ3000万円もしくはそれ以下の場合、手元に残るお金というのも半分入るか、入らないかという事となりますから、資金面+返済=利益と言えば、1000万円程度が年収トいう事になるのではないかと予測されます。

ただ、昨今医師不足は深刻化し、医師自体が不足していますから、勤務医自体が減少し、開業医を目指す医師が増えてくるという事には、将来性を考えると、やはり需要&供給バランスが崩れることも指摘されます。 もちろん今現在でもその傾向が見えつつある状況ですから、そうなることにより開業医として、収入を確保するということ自体非常に厳しいという事になり、尚且つ高度な経営戦略も当然必要になり、高度な経営判断も要する事が考えられます。

つまり、開業医を選択する医師にとって、開業医になるという事は、初期投資の金額も多額となりますが、大きなリスクを伴う選択だけに、成功した場合の報酬も非常に大きいということにもつながるわけです。

勤務医における収入面はどうか?といえば、病院規模によりこれもまた異なりますが、全国平均では、およそ800万円~1400万円前後となり、軌道になっ た場合における開業医に比べ、年収は劣ると考えられますが、実際、現在は勤務医自体の数が不足し、地方における焼酎病院等では、医師不足が深刻化していま すから、開業医を目指す医師よりも勤務医を検討する医師が増える事が理想ですが、現実的に勤務医は非常に不足傾向で、医師不足=勤務医不足は、中々改善さ れません。

それにより、開業医、勤務医にこだわらず、転職を果たそうと考える医師のみなさんは、転職するにあたり、より高待遇、好条件の転職を果たすべく転職エージェントのご利用がお勧めです。

看護師として今後の夢は

看護師として働いている私の夢...夢なんておおげさな言い方なのかもしれないけどやっぱり認定看護の資格を得てスキルアップしていきたいって思ってしまうんだよね。

以前はそんなこと考えたこともなく、とにかく看護師としてしっかり働きたいって気持ちばかりだったんだけどやっぱり働きはじめてみると何か自分にはもっと出来ることがあるんじゃないかって考えるようになるんですよね。

人間考えることを忘れてしまったらそこで人生がとまってしまう。

そういうことをいろいろ感じ始めて思い切って目指してみることにしたんです。

もちろんとっても大変なことではあるけどがんばってみる価値はあるんじゃないかなって思う今日この頃。

自分がどこまで出来るのかがんばってみたいです。

 

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。